サーバとは??

サーバ=箱??

サーバについて考えるのに、そのまま考えると大変なので、一旦サーバを何かに例えて考えてみましょう。

僕は、今回サーバを箱として考えることにしました。

このサーバの中に何かを入れてサーバがどういった役割をしているのかをみてみましょう。

 

webサイトってどうやってみるの?

まず、箱は手に入りましたが、箱だけ存在していても中身が何もなければ意味がないですよね?

そこで、今回は、webサイトを箱の中に入れる物として考えてみようと思います。

webサイトは、箱がないと機能しないので、webサイトを箱の中に入れてみます。

サーバという箱の中にwebサイトを入れることで、webサイトを公開する環境が整いました。

えっ?webサイトを表示するために、サーバがなくてもいいんじゃないかって??

答えは半分YESで、半分NOです。(中途半端。。。)

中途半端な回答になるのにも理由があります。

もちろんサーバがなくても自分のPCの中でwebサイトはみることができます。ただ、他の人が作成したwebサイトはどうやってみますか??(自分のPCにダウンロードして閲覧するなんて今の時代しないはず。。。)

今は、インターネットというとても便利なものがあるので、普通は、インターネットを通して、色んな人が作ったwebサイトをみているかと思います。

実は、僕達がいつもみているいろんなwebサイトは、インターネット上に無数に存在するサーバによって構成されているのです。

僕たちはwebサイトをみるためにwebサイトを運営しているサーバに毎回接続して、閲覧しているんです。

図で表すとこんな感じでしょうか。

矢印が行ったり来たりしているのには、もちろん意味があるのですが、それはまた今度はなしますね。

今回話した内容をみてるとわかるかと思いますが、サーバについて話す上で、「インターネット」というのが、とても重要なワードになってくるので、次は、インターネットについてブログを書こうと思います。

 

まとめ

・サーバは、例えるなら箱のようなもの

・webサイトをサーバの中で管理して、インターネット上で閲覧するのが一般的

・インターネットって素敵

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。