インターネットについて考えてみる

インターネット??

まずインターネットってそもそも何??ってなったのでwikipediaで調べてみました。

複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルなシステムである。

コンピュータネットワークとは、複数のコンピュータを接続する技術のこと。

「コンピュータをお互いに接続した、グローバルなシステム」=「インターネット」ということになるんですね。

まだ少しわかりにくいので、簡単に図で表してみました。

 

 

こんな感じで、PC同士が手と手を取り合って、インターネットは、たくさんのPCで構成されているんです。

僕たちはwebサイトを見る時に、いつもPCにアクセスしに行って、webサイトをみることができています。

僕たちが、youtubeやメールなどができているのもインターネットの仕組みがあってこそなんです。

 

少しインターネットの接続の仕組みについて考えてみましょう。

 

インターネット同士の接続

ここで、もしインターネットの接続の仕組みがこんな感じだったらという仮定の話を用いてインターネットへの説ぞきについて考えてみます。

2つのインターネット図から想定してみましょう。

(1)

(2)

インターネット環境の図は、こんな感じになると思います。

 

(1)と(2)だったらどちらがネットワークの環境として適していると思いますか?

ぼくだったら(1)を選択します。

理由は、(2)を選択してしまうと、1台のPCが壊れてインターネットに接続できなくなると、他のPCのインターネットへの接続にも影響がでて、接続できない事態が生じてしまうかもしれないからです。

対して(1)で接続できていれば、仮に何台ものPCが壊れてインターネットに接続できなくなってしまっても、他のPCのインターネットの接続に影響が出ることはありません。障害が起きても、他の接続で対応ができてしまいます。

インターネットは、とても良く考えられて作られたとても便利なネットワークということがわかりますね。

まとめ

・「コンピュータをお互いに接続した、グローバルなシステム」=「インターネット」

・インターネットのネットワークは、障害が起きても他のPCに影響が出ないようになっている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。